top of page

About HSIPPI

佐藤ひでこが2022年に設立した奏法研究所。ピアノ奏法において芸術表現とテクニックは切っても切り離せない「音楽とメカニカルが結びついた奏法」を1983年から探求。1985年ベラルーシ国立音楽院にてエミール・ギレリス直弟子に師事、1989年よりワルシャワにてロシア音楽の開祖/巨匠ゲンリッヒ・ネイガウス直弟子に師事しロシアピアニズムを基盤に独自の奏法を探求。1989年ワルシャワ留学1年目ピアノ練習によりジストニア発現し1995年帰国直後再悪化、演奏活動停止。2016年完全完治まで21年間かけて独自のリハビリ法のみにより発症の要因/リハビリ法を確立と同時に、ジストニア発症当時より円熟した奏法を身につけた。2018年23年のブランクを経て浜離宮朝日ホール正式復帰リサイタルにて奇跡の復活。HSIPPIは、佐藤ひでこがジストニア発症から完全完治を経て現在までの約34年以上の歳月をかけた演奏法研究内容を、このHPでは更新していきます。複数存在する発症要因/完治を目指すリハビリ方法。芸術的演奏をめざす通常ピアノレッスンは勿論、ピアノジストニアに罹患した奏者のための完治をめざすジストニアリハビリレッスン予約がこのSiteからできます。ロシアピアニズム奏法/ピアノジストニアに関する講演依頼受付中。横浜市立大学名誉教授と査読付き共著論文を執筆「音楽演奏家ジストニアの発症機序と治療への考え方」2023年日本病院総合診療医学会誌1月発刊。2023年4月より順天堂大学大学院 医学研究科 医科学専攻 神経学講座 修士課程在籍。

 

佐藤ひでこの別の顔として完治が難しいとされるジストニアを発症するも

自身のリハビリのみで完治させたほぼ前例のないピアニストというものがある。

その経験を基に自ら学会で発表する程、学究肌の面も併せ持つ。

現在治療法もまとめ上げられているという。

佐藤ひでこは様々な意味で稀有なピアニストなのである。
森 曠士朗 (音楽評論家)

↓佐藤ひでこのオフィシャルサイトはこちら↓

HSホムペ画面1_01.JPG
bottom of page